masato's blog

Ubuntu 14.04にEmacs24をインストールする

昔は新しい開発環境を作ると.emacsを書くのが面倒でしたが、Emacs24で標準になったpackage.elを使うと
パッケージのインストールも簡単で、すぐにプログラムを始めることができます。
Ubuntu 14.04Emacs 24.3.1をインストールします。

Emacs24のインストール

Ubuntuのバージョンを確認します。

# cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=14.04
DISTRIB_CODENAME=trusty
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 14.04 LTS"

Emacsのインストール

# apt-get update
# apt-get install emacs24-nox emacs24-el
# emacs -version
GNU Emacs 24.3.1

init-loader.el

init-loaderMELPAからダウンロードするので、package-user-dirにリポジトリを追加します。
Marmaladeも一緒に追加しておきます。

~/.emacs.d/init.el
;; package
(require 'package)
(add-to-list 'package-archives '("melpa" . "http://melpa.milkbox.net/packages/") t)
(add-to-list 'package-archives '("marmalade" . "http://marmalade-repo.org/packages/"))
(package-initialize)

~/.emacs.d/init.elの設定を分割して管理できるように、init-loader.elをインストールします。

M-x list-packagesを表示し、init-loaderを検索、選択(i)して、実行(x)します。

分割した設定ファイルを配置するディレクトリを作成します。

$ mkdir ~/.emacs.d/inits

init.elを作成します。

~/.emacs.d/init.el
(require 'init-loader)
(setq init-loader-show-log-after-init nil)
(init-loader-load "~/.emacs.d/inits")

M-x eval-bufferでバッファを実行します。

multi-term

Emacs上でシェルを実行するため、multi-termをインストールします。
M-x list-packagesを表示し、multi-termを検索、選択(i)して、実行(x)します。

先ほど作成した~/.emacs.d/initsディレクトリの下に、個別の設定ファイルを書いていきます。

~/.emacs.d/inits/03-multi-term.el
(dolist (dir (list
"/sbin"
"/usr/sbin"
"/bin"
"/usr/bin"
"/usr/local/bin"
(expand-file-name "~/bin")
(expand-file-name "~/.emacs.d/bin")
))
(when (and (file-exists-p dir) (not (member dir exec-path)))
(setenv "PATH" (concat dir ":" (getenv "PATH")))
(setq exec-path (append (list dir) exec-path))))
;;multi-term
(setq load-path(cons "~/.emacs.d/" load-path))
(setq multi-term-program "/bin/bash")
(require 'multi-term)

M-x eval-bufferでバッファを実行します。

multi-termの使い方

M-x multi-termで、シェルが起動します。
Tab補完も効くので、とても便利です。