RStudio Serverの練習 - Part1: はじめに

Dockerでデータ分析環境 - Part6: Ubuntu14.04のDockerにRStudio ServerとOpenRestyをデプロイで構築したDockerコンテナ上でRの練習をしていきます。

実際にコードを書き始めると、いろいろ問題がでてきてDockerイメージの再作成をすることになりました。
さっそく購入した現場ですぐ使える時系列データ分析を手を動かしながら読み進めていきます。

ファイルアップロードができない

イメージを再作成する前に、OpenRestyコンテナにnsenterで接続して直接修正してみます。

$ docker-nsenter 51cad797dfaf

nginx.confを修正して、20MBまでファイルアップロード可能に設定します。

~/docker_apps/openresty/nginx.conf
server {
...
server_name localhost;
client_max_body_size 20M;
...

Supervisorのサービスを再起動します。

# supervisorctl restart openresty

ローカルから2.2MBのファイルがアップロードできました。

plotsが表示されない

右下のPlotsタブがあるパネルの表示が小さいとエラーになります。

> attach(price4)
> plot(x5202,type="l",main="板硝子")
以下にエラー plot.new() : figure margins too large
>

パネルを最大にするか、グラフが表示できる程度に大きく表示するとエラーになりません。

plotで文字化けする

こちらもDockerfileに戻る前に、RStudioコンテナにnsenterで接続して直接修正してみます。

$ docker-nsenter 8f0d8fd9253c

日本語フォントをインストールして、runitのサービスを再起動します。

# apt-get install fonts-takao
# sv restart rstudio-server

タイトルに日本語をつけてplotします。

> plot(x5202,type="l",main="板硝子")

文字化けせずタイトルが日本語表示できました。