masato's blog

ChromebookにUbuntuをインストール

HP Chromebook 11をオフラインでも使えるように、croutonを使いUbuntu Trustyをインストールします。デスクトップ環境には軽量なXfceをインスト-ルして、日本語環境を構築します。

Chromebookをデベロッパーモードで起動する

Chromebookを「ESC」+「Refresh」+「Power button」を押してリカバリモードで起動します。
リカバリーモードにはいり、「Ctrl」+「D」+「Enter」を押し、そのままの状態でしばらく待つと、ビープ音が鳴り、デベロッパーモードに入る準備が始まります。
再起動が繰り返されるので、10分くらい待ちます。

初期設定とGoogleアカウントを入力します。

  • 言語の選択: 日本語
  • キーボードの選択: 英語(米国)のキーボード

Ubuntuのインストール

「Ctrl」+「Alt」+「T」でターミナル起動して、shellを実行します。

crosh > shell

croutonをダウンロードしてUbuntu trusty (14.04) をインストール。

$ wget http://goo.gl/fd3zc -O ~/Downloads/crouton
$ sudo sh -e ~/Downloads/crouton -r trusty -t xfce,cli-extra,keyboard
$ sudo startxfce4

Xfceが起動したら、ターミナルを開きバージョンを確認します。

$ cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=ubuntu
DISTRIB_RELEASE=14.04
DISTRIB_CODENAME=trusty
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 14.04 LTS"

ChromeOSとUbuntuを切り替える

以下のキーでChromeOSとUbuntuを切り替えることができます。
「Ctrl」+「Shift」+「Alt」+「Back(F1)」
「Ctrl」+「Shift」+「Alt」+「Forward(F2)」

ユーザー管理

adminグループを作成して、作業ユーザーを管理者グループにします。

$ sudo groupadd admin
$ sudo usermod -aG admin masato
$ sudo -i
# visudo
%sudo ALL=(ALL:ALL) ALL
%admin ALL=(ALL) NOPASSWD:ALL

Chromiumブラウザ

Linux-ARMにはChromeパッケージがないため、Chromiumブラウザをインストールします。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install chromium-browser
$ sudo update-alternatives --config x-www-browser

Ubuntuの日本語環境

日本語環境の構築が終わったら、「Ctrl」+「Shift」+「Alt」+「Back(F1)」で、ChromeOSに戻ります。
「Ctrl」+「C」でcroutonを停止し、Xfceを再起動します。

$ sudo apt-get update
$ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
$ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
$ sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/trusty.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get install language-pack-ja
$ export LANG=ja_JP.UTF-8
$ sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8
$ sudo apt-get install language-selector-gnome

Takaoフォトをインストール。

$ sudo apt-get install fonts-takao

フォントの設定。

設定 > 外観 > フォント > TakaoPゴシック > 12 > アンチエイリアス

ibusとmozcをインストール。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install zenity
$ sudo apt-get install libglib2.0-bin
$ sudo apt-get install ibus ibus-mozc

vim

vim.basic インストール。

$ sudo apt-get install vim
$ sudo update-alternatives --config editor
alternative editor (/usr/bin/editor を提供) には 2 個の選択肢があります。
選択肢 パス 優先度 状態
------------------------------------------------------------
* 0 /usr/bin/vim.basic 30 自動モード
1 /usr/bin/vim.basic 30 手動モード
2 /usr/bin/vim.tiny 10 手動モード
現在の選択 [*] を保持するには Enter、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください:

.vimrcの設定をします。

$ mkdir ~/tmp

~/.vimrc

set backupdir=~/tmp

まとめ

Chromebookはオンラインで使うことが前提のため、オフラインになるとほとんど使い物になりません。
BeagleBone Blackなどと同様のLinux-ARMのハードウェアとして、UbuntuやDebianがインストールできます。
ChromeOSはモダンで美しいOSなので、Xfceは物足りなく感じますが、ローカルでEmacsが使えるのはやはり便利です。